サコッシュ(下北沢)

下北沢一番街

自転車を強く勧められた時、その面白さの一つとして言われたのが、
「駅という概念がなくなる」という事でした。

通常のお出かけでは、駅からその周辺を散策する事が多いのですが、
実際に自転車を始めて見ると、わざわざ駅に行く必要がなくなり、
街に対する動線が変わり、アプローチの仕方も変わります。

例えば下北沢の場合、練馬からは、中野通りから井の頭通りへ曲がり、
そこから少し路地を入れば、下北沢一番街の一番端っこにたどり着きます。
駅からだと一番遠い場所が、自転車だと逆に入り口になったりするのです。
「駅からちょっと遠い」が「自転車だと近い」になる事も。

駅という概念がなくなるというのは、それだけではありません。
駅の周辺は当然家賃が高いのでチェーン店が集中してしまいますが、
外れの方は少しお安くなるので、こだわりの個人店がお店を出していたりします。
そういう駅近くより、周辺のドーナツ状にちらばる、
魅力のあるお店の方に、足をのばす頻度が高くなります。
それも自転車のいい所です。

サコッシュ

※このお店は閉店しました。

その端っこ寄りにあるのが、こちらの「サコッシュ」。
沢山の自転車が並んでいますが、自転車屋さんじゃありません。
こちらは、自転車好きが集まるカフェ。
最近、都内にはこういう自転車好きを対象にしたカフェが増えているのですが、
このブログではそういうお店を「自転車カフェ」と呼ぶことにします。

サコッシュというのは、ロードレース時に補給で使う「補給袋」の事。
たぶん、自転車好きに、御飯やドリンクを補給するという意味合いで、
お店の名前をつけたのではないかと思うのですが、どうでしょう。

スタンド

ロードレーサーやクロスバイク、今流行りのシングルスピードなどは、
スタンドが付いていないので、お店の前に置くときに困るのですが、
こちらでは、このようにスタンドが用意されているので、助かります。

最近、バーにサドルをひっかけるタイプのスタンドを置いているお店もありますが、
こういうのでいいので、置いてあるお店が増えてくれると嬉しいです。

こうして並んでいるのを見て、子供達が
「スゲー!自転車」といいながら通り過ぎていきました。
なんか、ちょっと嬉しい。

そして店内へ。
自転車乗りが集まるお店らしく、店内ではロードレースの映像が放映されいたり、
メッセンジャーバッグが売られていたり、自転車の雑誌が並べられていたりしますが、
もちろん、普通の人も大歓迎のオシャレなカフェです。

サコッシュカレー

こちらで頂いたのは、サコッシュカレー、ショートデザート付きで1000円。
アイスコーヒーは単品で400円なのですが、食事を頼むと200円引きになるっぽいです。
というのもお会計が1400円かと思っていたら、1200円だったので。

豚肉、ナス、ピーマン、キノコなどが入っていて具だくさん。
炒めた具のいい香りが漂い、食欲をそそります。
サコッシュで美味しいエネルギーをチャージ。

デザート

食後には、バニラアイスにマーマレードのかかったショートデザートが。
これもいける。

後ろのテーブルでは、自転車でツーリング帰りの人達が、
反省会を兼ねてか、今回の遠征の話をしていました。
楽しそう。

自転車乗りとしては、近所にこういうカフェがあったら楽しいだろうなあ。
周りにも自転車乗りが増えてきたので、今度は皆で来てみたいです。

※このお店は閉店しました。

■サコッシュ
■東京都世田谷区北沢2-39-15
■営業:10:00〜21:00
■定休日:水曜
場所はこのへん

お店のサイト

Pocket
LINEで送る

ザ・キャンティーン(テレコムセンター)

日比谷

お台場に行こうと思いました。
まずは、新目白通りから飯田橋を抜けて日比谷へ。
ドラマなんかに良く出てくる、マリオンを背にした新幹線の高架。
この通りを真っ直ぐ進んでいきます。

銀座

銀座に出て、三越と日産の間をさらに真っ直ぐ。

勝ちどき橋

すると、隅田川にかかる勝ちどき橋が。

1905年、明治38年に日露戦争で旅順陥落の祝勝記念として
築地と月島を結ぶ「勝鬨の渡し」が設置されました。
戦いに勝ったときにあげるあの「 かちどき」が名前の由来です。

その後、晴海で開催予定だった東京万博のメイゲートとしてこの橋が作られましたが、
第二次世界大戦での日本の孤立により、万博は中止に。
橋だけが残ったのです。

アメリカの映画などに出てくる、跳ね上げ式の橋で、
以前は、船を通すために1日3回、1回につき20分程度開いていましたが、
昭和45年11月29日を最後に開ける事はなくなりました。

お台場

晴海から豊洲方面に向かう長い橋を渡ると、お台場が見えて来ました。
左端に見えるのが観覧車です。

観覧車

という訳で観覧車に行ってみました。
一人焼肉、一人公園ボートなどは制したことがありますが、
さすがに一人で観覧車はキツイなあと思っていたら、
何と!スケルトンの観覧車に外人さんが一人で乗っているではありませんか!

え?一人観覧車っているんだ…。
乗れるかも?

観覧車

乗っちゃった…。

観覧車

一人観覧車です。

観覧車からの風景

フジテレビやレインボーブリッジ、遠くには東京タワーも見えます。

一人観覧車も制して、鉄のハートがまた一つ強くなりました。
ドラゴンクエストの、勇者のレベルが1あがった時の音楽が、頭の中で鳴り響きました。

日本未来科学館

さて、今回、お台場を選んだ本当の目的はこちらです。
テレコムセンター近くにある、日本科学未来館。

はやぶさ展

こちらで、8月26日~30日まで、
「おかえり、はやぶさ、カプセル公開イベント」やっていたからです。

はやぶさ展

惑星イトカワまでの長い旅をして、数々のトラブルを乗り越えて地球へ戻る事に。
イトカワのサンプルの入ったカプセルを地球に届けるために、
自らの身を犠牲にして、大気圏に突入し、カプセルを放出。
そして、見事、地球に届けたのです。

展示物の撮影は禁止でしたが、ブース外での記念撮影はOKでした。
希望者には係員の方がシャッターを押してくれたりします。

はやぶさのムービー予告編。
本編は何度見ても泣けます。

地球

大気圏突入前、はやぶさが見た地球も、こんな感じだったのでしょうか?
天井には大きな地球が、球体のモニターに映し出されています。

SOHOビル

その日本未来科学館のすぐ近くに、「the SOHO」というビルがあります。
さまざまなジャンルのクリエイター達がオフィスを構えるビルです。

「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」では、
湾岸署が新庁舎に移転するという設定ですが、
その新しい湾岸警察署新庁舎のロケ地として使われたビルでもあります。

バイクラック

流行に敏感な人達が集まるビルらしく、
1階のコンビニには、自転車を止めるためにバイクラックも完備。
こういう場所が増えてくれると助かりますね。
ちなみに隣は自転車屋さんです。

ここに自転車を止め…。

キャンティーン

同じく1階にあるカフェ、ザ・キャンティーンへ。
ここのオフィスを構える人達のための作られたカフェですが、
もちろん一般の方もOK。

店内

シンプルなインテリアですが、無機質ではなく、暖かみもあります。
オフィスビルのカフェといいつつ、意外と家族連れも多いです。

チキンカレー

選んだのは、チキンカレーのセット、900円。
プラス100円でドリンクがつけられます。
ルーはスープカレーに近い、超サラサラ。
それでいてこくもあり、味わい深いです。

オフィスビルの食堂というコンセプトなので、内装はオシャレですが、
食べてほっとする家庭の味というのを、意識しているそうです。
味噌汁やポテトサラダが庶民的なテイストをプラスし、
どこかホッとする味に。
毎日食べてもいいという味ですね。

■THE CANTEEN(ザ・キャンティーン)
■東京都江東区青海2-7-4 theSOHO 1F
■9:00~22:00(月〜金)
■10:00~18:00(土)
■定休日:日・祝
場所はこのへん

湾岸警察署

映画で新湾岸署として使われた「the SOHO」の隣には、
本物の東京湾岸警察署があります。
ここが開署される時に、織田裕二さんから祝電が贈られたのだとか。
この付近には、踊る大捜査線のパンフレットを持った
ファンらしき人達の姿を、何名か目撃しました。

船の科学館

お台場と一口で言いますが、船の科学館があるのは、品川区。
ちなみに、手前に見えているのは初代南極砕氷艦の宗谷。

フジテレビ

フジテレビがあるのは、港区。
そして、観覧車のあるパレットタウンや、日本未来科学館、「the SOHO」などがあるのは、
江東区と、やや複雑に分けられています。

水上バス乗り場

食後に、海を見に水上バス乗り場へ。
ここから、レインボーブリッジが一望できます。
ちょうど、松本零士さんがデザインした「ヒミコ」が停泊していました。

謎のヒーロー

そして、暑いのになぜか全身タイツというか、仮面ライダー風コスチュームの
自転車マンらしき人が登場。
ヒーロー物の音楽を流しながらウロウロしているのですが、みんな知らんぷりです。

アーバンランチ

さて、水上バス乗り場に来たのには、もう一つ目的があります。
レインボーブリッジは、下に歩いて渡れる通路がついているのですが、
残念ながら自転車は禁止。
なので、皆、晴海の方を通ってやってくるのですが、
水上バスは、自転車を乗せられる物もあるのです。

※原則として船内に余裕のあるときのみ持ち込み可能(混んでない時)
※隅田川ラインは週末を中心にお断り率が高いです。
※大人乗車券460円+特殊荷物券230円=690円
※浅草・お台場直通ライン(ヒミコ)及び
 ハッピードッグクルーズへのお持込はできません。
※晴海では、乗下船もできません

詳しくは、東京都観光汽船の公式サイト、よくある質問の所をご覧ください。

通常の水上バスの方は、混んでなければという事なんですが、
こちらの芝浦と結ぶ「アーバンランチ」という船は、毎回、自転車OK。

自転車置き場

…といっても、2台まで。
こんな風に自転車を固定するラックまでついているのです。
料金は、500円+200円。
通常の水上バスは、窓口でチケットを買うのですが、
こちらのアーバンランチは、乗り込んでから、中で精算となります。
なので、事前にチケットを買う必要はなしです。

詳しくは、アーバンランチ公式サイトで。

お台場

お台場を後にして、一路芝浦へ。

レインボーブリッジ

芝浦方面行きは、残念ながらレインボーブリッジの下は、通過しません。

水門

その代わり、水門はくぐりますけど。

芝浦

水路を進んで行くと、芝浦のセレブマンション街が見てきます。

停泊地

そのマンションのほど近くに停泊。
自宅のマンションの下からクルーズ出来るってすごいですね。

東京タワー

芝浦から、芝を通って帰路へ。
スカイツリーばかりが話題になっていますが、東京タワーは、やはり美しいです。

地図

自転車で23区カフェ制覇の旅…ただ今、21/23区。

Pocket
LINEで送る