℃-ute 渋谷公会堂

渋谷公会堂

渋谷に行ったのは、実は、ハロプロのアイドル℃-uteのコンサートを見に行く為でした。アイドルの中で、ライブではダントツで℃-uteが凄いという噂を聞いていたからです。

行ったのは渋谷公会堂で行われた「℃-uteコンサートツアー2012冬~神聖なるペンタグラム~」

チケット

中澤裕子さんとお仕事させて頂くようになってから、ハロプロ系の音源やDVDなどを頂くようになったのですが、僕が℃-uteに興味があるという事がもれ伝わり、コンサートにご招待していただく事に。

ただ、「いらっしゃるのであれば、すぐに言ってください。今、注目されているので、すぐに関係者席も埋まってしまいます。」…と言われて、すぐに座席をKEEP。

正解でした。一般の方のチケットも売り切れでプラチナになっていましたし、関係者席も満席!それだけ期待値が高いという感じが伝わって来ました。

funride

実は、最初は、アイドルという視点より、自転車という視点で℃uteに興味を持ったというのが正直な所。

彼女らのシングル「君は自転車私は電車で帰宅」のヒット祈願として、リーダーの矢島舞美さんが、ロードバイクで東京から静岡まで、200㎞の旅をするというのを、たまたまテレビで見たのですが、女子タレントでそれは凄いなと。その流れで、自転車雑誌funrideの表紙になったり、いろいろ見かけるように。

自転車番組の特番なども手がける事があるので、自転車女子タレントさんはまめにチェックしていたのです。

さらに、矢島さんは番組の企画で富士山をヒルクライムする為に、その練習として、いろんな峠に挑戦する、「チャレンジ!ゲキ坂」という企画にも登場。和田峠、奥多摩周遊道路、オレンジライン・椿ライン、ヤビツ峠をクリアした後、富士スバルラインに挑戦!

自転車乗りにとっては、全力坂より萌えますよ。

僕自身が秩父へ向かう顔振峠でヘロヘロになり、奥多摩周遊道路の風張とか、ヤビツとかビビっているのに、登っちゃってるよオイ!

さて、話は戻って℃-ute。
何が凄いって、歌と踊りがハンパではない。口パクじゃないってのを誉め言葉として使うのもどうかと思うけど、歌もうまいし、踊りもすごい。プロデュース力や企画力で注目されているアイドルグループはいるけど、純粋に歌って踊れるというのを突き詰めて行ったのがこのグループ。

ハモネプのハロプロ選抜とかにも選ばれる歌唱力の鈴木愛理さん。スタードラフト会議のダンスバトルにも出場するダンス。

で、ライブの方は、え?そのペースで行って大丈夫なの?というぐらい、最初から全開。踊る!踊る!踊りまくる!

僕は、自転車とかマラソンで、長距離感覚が身についているので、すぐペース配分とか考えちゃうけど、若さとはすばらしい。全開のまま、タレずにそのまま走り抜けてしまう。

陸上でいうところの、100mのスピードで5000mとかマジでそういう感じ。しかも5曲ぐらい続けて歌ってもMCで息切れなし。すげーなって感動してたら、2時間後には夜公演、もう1ステージあるって。

最後の方、衣装チェンジして上下セパレートになったら、腹筋が割れてた。なんだかアイドルというより、歌って踊れるアスリートという感じでした。

業界で噂になっている「℃-uteのライブは凄い」ってのはホントでした。生で見れて良かったわー。小屋を徐々に大きくしているにもかかわらず、どんどんチケットが取れなくなってきているけど、また見たいね。一発でファンになってしまいましたよ。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ

自転車女子タレント

funride

今日発売の自転車雑誌funrideを見たら、
表紙がハロプロのアイドル℃uteの矢島舞美さんでした。

やっぱ目をつける所が一緒だなあ…と思わず手にとってしまいました。

ラジオで自転車系の特番を手がけることがあるのですが、
昨年、秋に幕張メッセで行われるサイクルモードのステージにも関わり、
担当者から今年もやりますので、構想を練っておいてくださいと言われたばかり。

昨年のゲストは、安田団長や小島よしおさん、今中大介さんと、
男性ばかりのラインナップだったのですが、
今年は「山ガール」に代わり、
自転車で散歩する「ポタガール」という言葉も定着しつつあるので、
女性タレントに女性の視点から、自転車を語って欲しいなあと漠然と考えていました。

そんな時に見つけたのが、この℃uteの矢島舞美さん。

新曲の「君は自転車 私は電車で帰宅」のヒット祈願として、
テレビの番組で、東京から200㎞離れた静岡の久能山まで、
ロードバイクで旅をするという企画をやっていたのを、たまたま目にしたのです。
乗っていたのは、DEROSAのR848。
ペダルはビンディングじゃなくフラットに換装してましたけど。

番組は結構マジ物で、2泊3日だったのだけど、
道に迷うわ、箱根ではなく熱海の山越え、雨に降られるわで、
ちょっぴりロングライダーステイストの過酷さ。
よくありがちな応援VTRとか、過剰な演出とかなくて、
ただただ彼女がペダルをこぐ姿を淡々と映し出していくのが良かったです。
おっとりとした感じの方なんだけど、
乗ってるフォームとかも良くて、運動神経の良さを感じさせます。

この過酷な体験談とロードバイク初挑戦の話を
アイドルの口から語ってもらったら面白いだろうなあ…と、
色々調べていたら、ちょうど雑誌の表紙になっていたので、ビックリしたのでした。
今回、雑誌の方はモデルだけで、
残念ながら自転車に関するインタビューは載っていませんでしたが…。

矢島さんは埼玉県出身だし、
県をあげて自転車に力を入れているLOVE bicycle SAITAMAあたりでも、
ピックアップされるかもね。
あ、先輩の吉澤ひとみさんも、ハロプロで自転車で、埼玉県出身か。

正直、今まで作品とかあまり知らなかったけど、
人物リサーチの為に、調べ直して見ると、ダンスとかめっちゃ凄いのね、このグループ。
アイドルの振り付けの範疇を超えています。
どうりで運動神経がいい訳だ。

余談ですが、今の時期、どの自転車雑誌もヒルクライムの特集…。
グルメ雑誌が7月号でどの雑誌もカレー特集しちゃうのと似てる。

Pocket
LINEで送る


にほんブログ村 自転車ブログへ