ツールドフランス2010

鉄道ヲタクと一口に言っても、撮り鉄、乗り鉄、音鉄、車両鉄、駅弁鉄と
いろいろ好みが分類されているように、
自転車好きも、割と細かに分類されています。

速く走るのが好きなロードレーサー(ローディー)、
山道を登るのが好きなヒルクライマー、
アウトドアのマウンテンバイクやシクロス
ひたすら長距離の挑戦するロングライダース
お散歩系が好きな、ポタリング、
自転車を現地まで運んで旅する輪行、
ファッションとして乗るピスト系、
ワゴン車のように荷物を積んで遊びに出かけるロングテール、
などなど、結構、好みは細分化されていて、
さらにカーボンが好きな人とか、クロモリ(鉄)しか認めんという人とか、
それこそ、自転車の好みは、十人十色。

そんな自転車の楽しみ方の中で、僕が最近、夢中になっているのが、
自転車レースを観ること。
特に、今までよく知らなかったツールドフランスのDVDを集めて、お勉強中です。

まず、頭に入れて欲しいのは、自転車のロードレースは、
個人戦ではなく、チームによる団体戦だという事。

そしてその中には、マラソン的な楽しみと、F1のような楽しみ、
競馬的楽しみ、プロレスのタッグマッチのような楽しみなどがあります。

今回は、ちょっとマニアックですが、ご容赦を。

今回買ったのは、ツールドフランスの2010年。

いくつかあるステージの中で、平地でのレースは、
競馬的な楽しみ、F1的な楽しみ、プロレスのタッグマッチ的楽しみがあると思います。

まずは、170㎞前後のステージを戦うにあたって、
競馬でいう所の逃げ馬的に、逃げで戦うのか、追い上げて差すのかという
見所があります。

そして、F1のように、スリップストリームに入って引っ張られる事で体力を温存し、
最後の勝負所で、すっと前に出てゴールするという見所も。

さらに、プロレスのタッグマッチのように、
エースを勝たせる為に、パートナーが相手を疲労させてたたきつぶし、
プロレスの3カウントみたいな、最後のおいしい所をエースに譲り、
スプリント勝負で勝たせるという見せ場も。

なので、ジャイアント馬場とジャンボ鶴田が組んだら最強とか、
猪木を勝たせるには、坂口征二なのか、藤波辰爾なのかみたいな、
エースとアシストの組み合わせの楽しみも。

2000年前後のランス・アームストロングとマルコ・パンターニが火花を散らしている頃は、
山岳コースが好きだったのですが、
2009年の、ツールドフランスを観てからは、
平地コースのスプリント勝負も好きになりました。

特に、HTCコロンビアというチームの
「ジョージ・ヒンカピー」「マーク・レンショー」「マーク・カヴェンディッシュ」の
トレインが綺麗すぎて、たまりません。
トレインというのは、後ろのエース(カヴェンディッシュ)を勝たせるために、
ヒンカピー、レンショーが風よけになりながら、チームで縦の列になって走り、
チームで、F1のスリップストリームのような状態を作り、
エースを引っ張っていく事を言います。

2009年のHTCコロンビアのトレインは芸術的すぎます。
それをまた観たいと思って買った2010年版は、
「ジョージ・ヒンカピー」が他のチームに移籍して、いなくなって、ちょっとショック。

だからチームでトレインを組んでも、
結構、間に他のチームの選手に割り込まれる事が多く、
あの芸術が観られないのが残念。

でも、アシストのレンショーと、エースのカヴェンディッシュのコンビは健在。
ここはプロレスのタッグマッチ的な楽しみです。

アシストは、ゴール前800メートルぐらい前から、
自分が先頭に立って、いいコースを確保して、
ゴール300メートルぐらいで、ヒラリと除けて後ろのエースに道を譲り、
ごっつあんゴールのお膳立てをするのですが、
これを自転車レースでは「発射」と言います。
だからアシストの事を、発射台と呼ぶことも。
このエースを勝たせるアシストの中で最強と言われているのが「レンショー」なのです。

レンショーは、ゴール前300メートルまで先頭で突っ込んできて、
そのまま自分が勝てるかのような勢いなのですが、
最後に、ヒラリとよけて、エースのカヴェンディッシュをパーフェクトに勝たせます。

レンショー

ところが、この2010年ツール・ド・フランス第11ステージのゴール前では、
ライバルチームが最後の最後に幅寄せして来た為に、
ブチ切れて、走りながらジャマした選手に、怒りの頭突を3発。
こうして、コースを守り、見事エースを勝たせました。

頭突きをしているのがレンショーで、
その後ろにいるのが、エースのカヴェンディッシュ。

ところが、この頭突きが違反行為となり、翌日にレンショー自身は失格に。

レンショー

協会は、頭突きしたレンショーが悪いと一方的に裁きましたが、
ファンの僕としては、相手がコースを塞いできたのも一因の気もしました。
上空からみると、エースはアシストであるレンショーの後ろにいるはずなのに、
幅寄せして来た影響か、相手チームの後ろにいます。
レースには進路妨害という判定もあるので、本人はこれを主張しましたが、
聞き入れられませんでした。

あくまでもこれは、僕がファンのレンショー側に立って書いています。
サッカーのワールドカップでも、
なんと差別用語を言われようと、頭突きしたジダンが悪いという事になりましたが、
ここでは、結果としてレンショーの退場で幕が下ろされています。

よく、格闘技以外のスポーツの事を、
「○○は格闘技だ!」みたいに言うけれど、
自転車のロードレースは、まさに、格闘技ですね。

以前、この動画は、You Tobeで人気を呼んでいたのですが、
ツールドフランスを仕切るフランスのスポーツメディア
Amaury Sport Organisation(ASO)からの依頼でことごとく削除されていて
今は観ることが出来なくなりました。

なので興味のある方は、DVDを探してみてください。

にしても、マニアックやなあ。
こういうのを語り合える男もなかなかいないのに、
女性にはどん引きされるでしょうね。
いたら、惚れる!

Pocket
LINEで送る

ツールドフランス2009

アマゾンでポチっとしておいた、ツールドフランス2009のDVDが届きました。

ツールドフランス2009年は、日本人選手が活躍した大会!

第2ステージでは新城幸也が日本人最高位となる5位入賞、
そして第3ステージでは別府史之が8位に入賞。
別府は最終ステージのシャンゼリゼで逃げを決めて、
このステージの敢闘賞を獲得する活躍を見せた。

ツールドフランスの最終ステージ、パリのシャンゼリゼ通りに、
日本人が先頭で飛び込んで来るんですよ。
ホント、興奮せずにいられない映像。
DVDの特典映像で、日本人特集もしています。

YouTubeのこちらのリンクで、その時の生中継の映像が見られます。
生の映像なので、日本人解説人達の興奮度がハンパない。
これもオススメ!

2009年のDVDを見て、選手を把握したら、
この時の選手が実名で登場する、プロサイクリングマネージャー
ツールドフランス2009年版をやり込もうと思っています。

Pocket
LINEで送る