ツールドフランス2012開幕

カンチェラーラ

いよいよツールドフランスが開幕しました。
カフェ好きのみなさん、今回はマニアックな話になります。
先にあやまっておきます。すいません。m(_ _)m

日本ではまだまだ少ない自転車好きがTVの前にかじりつく中、
6月30日のプロローグの6.4kmを1分おきにスタートしていく個人タイムトライアルでは、
レディオシャック・ニッサンのファビアン・カンチェラーラが、
7分13秒46(平均速度53.2km)という圧倒的なタイムで優勝。
トップの証しである黄色いジャージ、マイヨジョーヌに袖を通しました。

中継しているJ-SPORTSでは、いろんな商品が当たる
「トップの選手が出るチーム当てクイズ」というのをやっていたのですが、
僕は、レディオシャック・ニッサンを予想していたので、見事的中!
…と言っても、商品の方が当たった訳ではありませんが…。

さてさて、今回のツールドフランス2012。
優勝候補だったコンタドールと、アンディー・シュレクが欠場という事で、
総合優勝争いは、2連覇を狙うBMCエヴァンスと、
強力なアシスト陣を揃えた、SKYのウィギンスの戦いか。

あと、スプリンター対決では、
SKYのカヴェンディッシュ 対 新鋭リクイガスのサガンなども注目。

ジョージ・ヒンカピー

そんな中で僕が応援しているのは、この人!
BMCのジョージ・ヒンカピー。

優勝に絡む選手ではなく、その選手をサポートするアシスト。
本来なら地味な役割なのだけど、この選手が凄い!

今大会で17回目のツール出場で、ズートメルクの記録を抜いて単独最多出場。
そのうちエースを総合優勝に導いた回数は9回。
ランス・アームストロングの7連覇全てをアシストした唯一のアシスト選手であり、
コンタドールとエヴァンスの総合優勝を、1回ずつアシスト。

ロードレースのアシストと言っても、見たこと無い人にはわからないと思うので
あえて野球で例えてみます。
アシストというのは、野球でいえばランナーを確実に進める
バント職人のような感じ。
元巨人の川相みたいな役割ですね。
自分を犠牲にしながら、確実に送る。

チームのエースを、いい位置に送り込んだり、
また逃げている他のチームの選手の所まで追いつき、エースを送り届けたり。

サッカーでいうと中村俊介が、空いたスペースに芸術的なスルーパスを出し、
結果FWがごっつあんゴールみたいな。

いわば、アシスト職人!
優勝請負人ですよ。

しかも、2009年ツール・ド・フランスでは、HTCチームの一員として
マーク・カヴェンディッシュのステージ6勝をアシスト。
特に、最終21ステージ、パリのシャンゼリゼで
ライバルチームのガーミンから先頭を奪い返し、
レンショー、カヴェンディッシュとリレーし完全優勝した、
HTCトレインは語りぐさです。

しかも、この時、鎖骨の骨折しながら走っていたというから驚き。
第17ステージの落車で、骨折。
その後、21ステージまで、リタイアせず、押し通して走り抜きました。
でもって、完璧なアシスト。
鉄人ですよ。

野球で言うと、川相+衣笠みたいな。

逃げいている選手を追うときのヒンカピーは、
前に選手が見えてくると、いきなりスピードを上げ、
逃げの選手にくらいつきます。

サバンナで逃げるインパラを、トップスピードで追うチータみたいに。

今年で、ツールを引退するという、ヒンカピー。
その最強のリードアウトの姿を、この目に焼き付けたいと思うのです。

P.S
こうして書いても、チンプンカンプンの人が多いと思うけど、
twitterで「ヒンカピー」で検索すると、
応援している人がメチャいる。
皆に愛されるヒンカピー、頑張れ!

Pocket
LINEで送る

自転車レース

ツールドフランス

このブログを読んでくださっている方は、カフェの方がメインで、
自転車が趣味という方は、少ないと思うのですが、
もうすぐ世界最大の自転車レース・ツールドフランスが始まるので、
自転車レースの事を少々。

名前は知っているけれど、どんなレースか知らないという人が多いので、
自転車レースの見方、初級編を。
自転車に乗っている人でも、レースは知らない人も結構いますしね。

ツールドフランスは、
自転車で約200キロ前後のレース、21戦を戦いながら、フランスを一周し、
その総合タイムで、優勝争いをするというレースです。
フランスをぐるりと一周するような感じになるので、
「tour de france」という名前がついています。

トータルで約3600km(今年は)を走り抜く事になります。
2012年は6月30日に開幕。
6月30日のプロローグ、個人タイムトライアルからはじまり、
その後20ステージ(20戦)を戦い、約3600㎞を走り抜きます。
直線距離でいうと、東京からベトナムぐらいを走る事になるのです。

マイヨジョーヌ

合計21戦を戦う中で、そこまでの総合タイムの短い人、総合トップが、
マイヨジョーヌという黄色いジャージを着ることになっています。
マイヨは『ジャージ』、ジョーヌは『黄色』という意味のフランス語です。

例えば、5戦までトップで黄色いジャージを着ていても、
6戦目で逆転されると、次のレースから新たなトップの人の元へ黄色ジャージがいき、
自分は普通のジャージに戻ります。

つまり、全部を戦い、最後にこのマイヨジョーヌを着ていた人が総合優勝となります。
ツールドフランスは、黄色いジャージの奪い合いだと思ってください。
だから、一戦一戦で、コツコツとリードを貯金していきます。

(その他、ポイント賞とか、山岳賞などもあるのですが、今回は省きます。)

そして、自転車ロードレースの一番わかりにくい所が、
個人戦に見えるけど、実はチーム戦。

わかりにくいのですが、わかると日本人が一番好きそうな要素です。

将棋でいうところの王将を勝たせる為に、他の駒は捨て駒になって働きます。
つまりチームリーダーを勝たせる為に、他の選手達は犠牲になって働くのです。

 

若い人であれば、ドラゴンボールやワンピース。
年配の方であれば、真田十勇士や里見八犬伝を思い浮かべてください。

ツールドフランスは、チームのエース(主人公)を勝たせる為に、
チームメイトが自己犠牲となり、皆で支えながら、戦うレース。
エースに黄色いジャージを着せるために、全力でアシストし、力尽きていきます。
そして、最後に残った、ボスキャラ同士で、ゴールを争うのです。

トレイン

たとえば、このようにチームで列を組んで走るシーンがよく見られます。
自転車レース用語で、トレイン(列車)と呼ばれるもの。

平均50㎞/h前後で200㎞を走るので、
一番前を走るともろに風圧を感じ、人より余計に負荷がかかるので疲労しやすいのです。
さらに前にペースメーカーがいないので、精神的にも疲れます。

なので、アシスト達が前を走る事で、チームのエースを後ろに温存し、
疲労させないようにします。

カーレースでいう所のスリップストリームをチームメイトがつくり、
エースをずっと引っ張っていくような感じです。
これをレース用語で「引く」と言い、
凄い勢いで引くことを「鬼引き」と言ったりします。

その他、200㎞の間、自転車で走りっぱなしなので、
通常2つ積んでいるボトル(水筒)も、すぐに空になります。
そこで、チームカーからボトルを受け取り、メンバーの所に配ってまわるというのも
アシストの仕事です。

ドラクエでいう所の薬草、ファイナルファンタジーでいう所のポーションを、
チームカーに取りに行って、メンバーみんなにくばる役割。

他にも、雨が降ったらウインドブレーカー、
走りながら食べられるシリアルバーなどを運ぶ事も。

これをレース用語では、使いっぱじゃなく「ボトル運び」といいます。

こうして、エースを温存しながら、195㎞ぐらい走ったら、
残り5㎞ぐらいからは、ポジション争い。
集団の前の方をチームで確保し、
さらにエースが走りやすいコースを押さえようという戦いが始まります。

1チームには9人いるのですが、ゴール1㎞前ぐらの時点で、
先頭グループには、1チーム3人残っていればいい方。
風よけになったり、スリップストリームを作ってきたアシスト達は
力つきて、どんどん失速して落ちて行きます。

この時、実況や解説者も「○○は、役目を終えました!お疲れ様」
などと、放送で声をかける事もあります。

そして、残り200mぐらいで、それぞれのエースを先頭に立たせます。
最後にいい位置でエースを前に出す役割の人を「発射台」と呼びます。

あとは、エーススプリンターと呼ばれる、ボスキャラの脚力くらべ。
誰が一番足が早いか、力を温存していたかで、勝負を競います。

その他、山岳コースというパターンもありますが、
ほぼこういう戦いを20戦繰り返し、
エースの総合タイムの短い順に、順位がついていくのです。

そしてテレビ観戦のコツ。
以前はNHKやフジテレビが中継していましたが、
今はBS、スカパーのJ-Sportsでの中継となります。

同じく3大ツールの1つ、5月に行われたジロ・デ・イタリアは、
イタリア語でしたが、ネット中継もあったので、
ツールドフランスも、ネットで探してみる価値はあるかもしれません。

さて、この中継を見るとき、

ツールドフランスを見るときにあると盛り上がるのが、ツイッター。

自転車レースなんて、野球やサッカーと違って、まわりに語りあえる人がいないので、
だいたい1人でテレビにかじりついていたりします。
初心者だと、何が起こっているのか、わからない事があります。

そんな時に、中継しているJ-Sports関連のハッシュタグ、
#jspocycleを、
ツイッターのアプリなどで検索すると、
今、何で盛り上がっているのかが、人目でわかります。

ネットでフランス語中継サイトを見つけた場合は、
これが日本語解説代わりになります。
(僕は万全を期するために、J-sportsに加入しましたけど)

僕もこの前のレースで、このハッシュタグをつけて、

先頭の選手のリアブレーキが、通常あるシートの下の所に見えないのですけど。

みたいな事をつぶやいたら、知っている人達からすぐに返事が来て、

あの選手の自転車は、ペダルの下の方にリアブレーキがついてます。

でもって、「ココ!ココ!」と写真を送ってくれた人もいました。

ブレーキ

こんな風に、わからない事をツイッターで聞きながら見るのも、
楽しみ方の一つです。

昨年のツールドフランスは、日本人選手が出ていませんでしたが、
今年は出る可能性大!
実は興味があるという方、ぜひ、楽しんでみてください。

という訳で、ツールドフランスの期間中は、
カフェよりも、自転車関係のツイートが多くなりますが、ご容赦ください。

Pocket
LINEで送る